色々なお風呂の賃貸

賃貸マンションを借りる

レンタルオフィスの利用

賃貸オフィス情報

こだわりのお風呂で素敵なバスタイムを過ごす。

セパレートの賃貸

「風呂」といえば、洗面台と脱衣所があり、風呂には「湯船」があるものが一般的です。

ワンルームや単身者用のお風呂はトイレとバスが一緒になった、ユニットの風呂が多くあります。
近年、単身者用でも、セパレートを希望する人が増え、ニーズに応えてセパレートが増えてきています。

セパレートタイプにせよユニットタイプにせよ、日本の浴室には湯船があるのが一般的です。

外国の場合はシャワーの生活が基本な為、湯船のない場合もあるようです。

家賃が安い賃貸

賃貸物件には、たまに掘り出し物件やわけあり物件などがあります。とっても立地の良い場所で、家賃がなぜか安く借りられる物件は、なにか理由がありますので不動産屋さんにその理由を聞いてみましょう。

担当者は答えなければいけない義務があります。事故物件を紹介されることはほとんどないと思いますが、怪しいなと思ったら当たっていたということもありますので、確認しておきましょう。

物件のわりに家賃が安い物件には、転勤などでその期間だけ貸し出す人もいますので、2年だけしか住めないからという理由で掘り出し物件に出会うこともあります。タイミングにもよりますが、独身の方でしたらそういった物件は都合が良いのではないでしょうか。

メゾネットの賃貸物件の特徴

大阪の梅田にあるアパートやマンションなどの賃貸物件には、メゾネットタイプのものがあります。住戸内が2階層以上に分かれているタイプのことをいい、簡単に言うと内階段のあるマンションやアパートなどです。一戸建ての住宅を縦に分けたようなテラスハウスという建物もそれに該当します。また、それに対して通常のつくりになっているものはフラットタイプと呼ばれています。

メゾネットタイプの賃貸物件には、下の階に他の住人が住んでいないため騒音をあまり気にしなくていいというメリットがあります。そのため小さいお子さんがいる家庭などにとても人気があります。子供の足音などは階下に響きやすく、それが原因でトラブルに発展してしまったような事例もあります。そういった騒音トラブルを防ぐことができます。

その一方で、メゾネットタイプの賃貸物件にはデメリットもあります。内階段がある分、部屋として利用できる面積が狭くなってしまいます。また、動線が長くなってしまうデメリットもあります。例えば、洗濯機が下の階にある場合には、干すのは上の階になるため階段を上る必要があります。また、上の階が寝室で下の階にのみトイレがある場合には、夜中でも階段を下りてトイレに行かなければなりません。

色々なお風呂の賃貸マンションについての関連記事

トップページへ戻る